天洋丸の漁

まき網漁のこと


天洋丸では「まき網漁」という方法でにぼしの原料となる、カタクチイワシを漁獲しています。

 

灯りに集まった魚の群れを大きな網でぐるりと囲み、網をしぼって小さくしていきながら漁獲します。複数の船がそれぞれ明確な役割を持っており、チームワークが重要となる漁です。

 

ですから、皆との普段からのコミュニケーションはとても大切に考えています。決してひとりでは出来ない漁。

 

海のめぐみだけでなく、人とのご縁にも感謝しながら

今日も漁に出ます。

まき網漁

 

 

 

漁の様子を動画にしました。ぜひご覧ください。

  

橘湾のこと

あまり知られていませんが、長崎県はカタクチイワシの漁獲量が全国一位。

その中でも、天洋丸の漁場である橘湾は、島原、長崎両半島と、諌早市の南岸とに囲まれたとても穏やかな湾です。

橘湾

 

湾内ではカタクチイワシのほか、マアジ、サバ、タチウオ、エビ、イカ等が獲れ、ウニ、サザエ等の磯根資源にも恵まれています。

 

まき網漁ではそういった魚たちも網に入ってしまいますが、一緒ににぼしに加工し、大切にいただいています。

 

MIXにぼし
Back to the top Back to the top