会社概要

ご覧になりたい記事のタイトルをクリックしてください。

代表よりご挨拶



天洋丸代表取締役の竹下です。天洋丸のページをご覧いただきありがとうございます。



私は大学を卒業後、水産会社へ就職し、サラリーマンとして様々な経験をしてきましたが、現場で働きたい、という気持ちを抑えられず、家業であるまき網漁業に従事すべく南串山へUターンしました。 

2001年のことです。  

それから20年が経ちますが、漁師という仕事は本当に奥深く、これでいい、と満足することはありません。

1日として同じ海はないのです。一期一会、という言葉がありますが、それは海や魚に対しても同じことだと考えています。そんな仕事に私は誇りを持っています。

最近は、海の資源保護についても盛んに議論されるようになりました。時代に即した漁のやり方を日々模索しています。

そんな漁師が獲って加工されたにぼしを皆さまにもっと気軽に、そして安心して味わっていただきたい。そんな想いで、様々な商品づくりにもチャレンジしています。どれも素材の味を活かせるよう、こだわり抜いた自慢の逸品ばかりです。

これからも、天洋丸はチャレンジを続けていきます。

皆様が、天洋丸の商品を手にするとき、少しでも漁師の仕事にこころを寄せてくだされば幸いです。 

 

 株式会社天洋丸 代表取締役 竹下千代太

会社概要

会社名 株式会社天洋丸 
設立 2015年(平成27年)1月5日
所在地 長崎県雲仙市南串山町丙10386
電話番号 0957-76-3008
代表者 代表取締役 竹下 千代太
資本金 500万円
社員数 7名 他乗組員約15名、外国人技能実習生3名、特定技能外国人1名 
事業内容 中型まき網漁業、イカかご漁、小型定置網等の漁業および水産加工品製造販売など

会社沿革



1871年 竹下岩吉が農漁産物の仲買商を開始

1947年 小型2そうまき網にて営漁を開始

1967年 合資会社堺屋商店設立

2001年 5代目となる竹下千代太が南串山に帰郷し、就漁

2009年 初めての開発商品となる「じてんしゃ飯のもと」を発売

2013年 竹下千代太が堺屋商店を事業継承

2015年 株式会社天洋丸を設立し、竹下千代太が代表取締役に就任。同年新たにイカかご漁を開始

2016年 新たに小型定置網漁を開始

2017年 インドネシア人実習生の受け入れを開始

2019年 加工場を新設

現在に至る 

受賞歴



2019年12月

「外国人技能実習生とともに取り組む地域活性化ー雲仙市インドネシア漁師研究会始動ー」第24回全国青年・女性漁業者交流大会水産庁長官賞

2020年12月 

ながさき水産業大賞 魅力ある経営体部門(技術・担い手の部)長崎県知事賞

2021年01月 

ニボサンバル」第58回長崎県水産加工振興祭・水産製品品評会 長崎県知事賞

2021年03月 

網エコたわし令和2年度長崎県特産品新作展 工芸・日用品・その他部門 最優秀賞  

 

 

メディアの皆様へ



天洋丸では、「水産資源の価値を高め、人々を笑顔にする」ことをミッションに様々な取り組み・商品開発を行っております。

取材・商品提供などのご依頼がございましたら媒体名、ご担当者様のお名前、ご連絡先をご記入のうえ、こちらからお気軽にお問い合わせください。

Back to the top Back to the top